市場ニュース

戻る
2016年07月01日06時27分

【市況】NY原油:反落で48.33ドル、50ドル定着を前にドル上昇で売られる展開に


NY原油は反落(NYMEX原油8月限終値:48.33↓1.55)。欧米株の続伸などから、1バレル50ドル台定着が期待されたが、足元の短期的な反発に対する利益確定の流れに押された。また、英中央銀行による緩和期待からドルが欧州通貨に対して上昇したことも、売りを呼ぶ材料となった。


ただ、ノルウェーでストライキ実施の可能性が高まっていることが意識されて、需給の思惑から下を叩くような動きは観測されず。50日移動平均線を下回る展開とはならなかった。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均