市場ニュース

戻る
2016年07月01日05時00分

【注目】前日に「売られた株!」総ザライ ―本日への影響は?―

ヤマハ <日足> 「株探」多機能チャートより

■ヤマハ <7951>  2,737円 (-117円、-4.1%)

 ヤマハ <7951> が3日続落。ドイツ証券が同社についてリポートをリリースしたことが確認されている。リポートによると、従前から17年3月期の前年比増益について懐疑的な見方に変更はないと紹介。足もとの外部市場環境の変化を受けて業績予想を下方修正し、目標株価を2800円から2400円へ引き下げ、投資判断は「ホールド」を継続。一時的な株価調整は避けられないとの見解を示している。ただ、同社のファンダメンタルズは着実に改善しており、粗利益率は改善する見通しであると指摘。株価が大きく調整した後は、中期的な投資タームで、ボトムを見極めるフェーズになるとみている。

■ミルボン <4919>  4,605円 (-175円、-3.7%)

 ミルボン <4919> が反落。29日取引終了後、16年12月期第2四半期累計(15年12月21日-16年6月20日)の連結決算を発表し、売上高は142億1800万円(前年同期比8.7%増)、営業利益は24億2300万円(同2.3%増)、最終利益は14億6400万円(同1.4%増)と増収増益だったが、決算期待の買いで3連騰していたこともあり、30日は利益確定の売りに押された。主力のヘアケア用剤部門でプレミアムブランド「オージュア」が伸長したことや、アウトバストリートメントの新製品が好調だったことが牽引。また、染毛剤部門は前年に発売したグレイカラーが引き続き売り上げに貢献した。さらに、中国や韓国を中心に海外売上高が前年同期比15.6%増と2ケタ伸長したことも、業績向上に寄与した。なお、通期業績予想は従来見通しを据え置き、売上高289億5000万円(前期比5.7%増)、営業利益50億円(同5.8%増)、最終利益31億円(同5.1%増)を見込んでいる。

■日本オラクル <4716>  5,450円 (-180円、-3.2%)

 日本オラクル <4716> が続落。大和証券がリリースしたリポートによると、16年5月期は概ね予想通りの着地と紹介。売上高は全セグメントで拡大を見せ、幅広い業種で利用される同社のデータベース・関連製品が、わが国IT市場とクラウド需要拡大に牽引されたと解説。ただ、同証券の予想は変更なしとしたうえで、17年5月期配当は通常回帰し前期比で減配となるとみている。同証券ではまた、グローバル・マクロ経済の不透明感が強いなかで、同社の安定成長・安定配当力は債券的な魅力があるとみて、投資判断は「2」(アウトパフォーム)を継続。目標株価は6590円から5940円へ引き下げている。

■ネットワンシステムズ <7518>  589円 (-17円、-2.8%)

 ネットワンシステムズ <7518> が3日続落。大和証券は29日、同社株の投資判断を「2(アウトパフォーム)」から「3(中立)」へ引き下げた。目標株価は750円から620円に見直している。同証券では、「依然、通信キャリア向け受注が不透明、短期業績は振幅が大きかろう」と指摘している。ただ、長期的にはクラウドが業績を牽引するとみており、17年3月期の予想配当利回りが5%前後の水準にあることから、「配当目当てのバリュー投資家に好適」ともみている。

※30日の下落率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋。


株探ニュース

日経平均