市場ニュース

戻る
2016年06月30日12時20分

【市況】回転利きづらく、内需系の押し目拾いに向かいやすいか/後場の投資戦略


日経平均 : 15694.81 (+127.98)
TOPIX  : 1255.73 (+8.04)

[後場の投資戦略]

 日経平均は連日でギャップ・アップとなったが、その後は上げ幅を縮めてきている。自律反発の流れとはいえ、週明けからのリバウンドで日経平均は700円超の上昇となっており、利益確定も出やすいところであろう。ただ、このところはお昼ごろから先物市場で強含み、後場一段高となる動きが続いている。月末のドレッシング買い等の下支えも期待されやすく、底堅さは意識されそうである。

 物色としては足元で売り込まれていた銘柄やセクターへの買戻しがみられているが、昨日同様、トヨタ自<7203>など自動車や銀行などは寄り付き水準を下回っており、回転が利きづらいため、次第に戻りの鈍さが嫌気されてくる可能性はありそうだ。短期資金は値動きの軽い中小型株にシフトしやすいほか、内需系の押し目拾いに向かいやすいだろう。(村瀬智一)
《NH》

 提供:フィスコ

日経平均