市場ニュース

戻る
2016年06月30日11時17分

【材料】DCM、有力処は商品開発による利益成長が続くと指摘

DCM <日足> 「株探」多機能チャートより
 DCM ホールディングス<3050>が反落。現在はやや下げ幅を縮小している。

 いちよし経済研究所では、17年2月期第1四半期実績は、利益重視の販売政策で一見、既存店売上が弱いものの、粗利益率改善によって会社計画を上回る営業増益と指摘。17年2月期業績は粗利益率改善による営業利益回復が見込まれるとして、中期的には商品開発による利益成長が続き、M&Aによる成長ポテンシャルも期待されると解説。

 17年2月期営業利益予想を195億円から205億円(会社計画は193億円)に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均