市場ニュース

戻る
2016年06月30日10時16分

【材料】三越伊勢丹HD、米系大手証券は業況は厳しいものの現株価からの下値余地は限定的との見解

三越伊勢丹 <日足> 「株探」多機能チャートより
 三越伊勢丹ホールディングス<3099>が反発。5日移動平均線近辺で推移している。

 JPモルガン証券では、インバウンドの売上減速で、厳しい販売実勢が続いていると指摘。当面は販売底打ちや回復感、中期では資産有効活用が株価回復の鍵になるとの見方で、業況は厳しいものの、現株価からの下値余地は限定的と解説。

 レーティング「ニュートラル」を継続、目標株価を1500円から1050円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均