市場ニュース

戻る
2016年06月30日09時53分

【材料】ポールHD、有力処は足元の株価調整により投資妙味があると指摘

ポールHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス<3657>が小幅反落。プラススタートとなったものの、買い一巡後は売りが優勢の展開。

 いちよし経済研究所では、国内のアミューズメント機器向けデバッグ需要の回復には時間を要するとみているものの、海外市場での競争力と成長期待は変わらないと指摘。足元の株価調整により投資妙味があると判断し、レーティング「A」を継続。フェアバリューは1500円から1250円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均