市場ニュース

戻る
2016年06月29日18時03分

【為替】明日の為替相場見通し=102円台中心の往来相場も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、102円台を中心とする往来相場が見込まれる。予想レンジは1ドル=102円00~103円00銭。

 この日は、前日のNYダウが上昇しBrexit(英国のEU離脱)懸念がやや薄らいだことから、リスクオフ姿勢が後退。102円半ばでの推移へとレンジを切り上げた。市場には、過度の警戒感は後退しつつある、との見方も出ている。ただ、前日のニューヨーク市場では102円84銭まで上昇したが、103円近辺では利益確定売りが膨らんだ。103円台回復には、新たな上昇要因が必要となりそうだ。今晩は米国で5月個人所得や中古住宅販売仮契約などの発表があり、あすは国内で5月鉱工業生産が公表される。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均