市場ニュース

戻る
2016年06月29日16時54分

【市況】マザーズ指数は大幅に3日続伸、SOSEI堅調でキャリアなどがストップ高/マザーズ市況

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

 本日のマザーズ市場は、前日の欧米株高を受けて英国の欧州連合(EU)離脱に対する懸念がいったん和らぎ、朝方から買いが先行した。日経平均の堅調推移が支援材料となり、マザーズ指数は節目の1000ptに迫る場面も見られた。時価総額上位銘柄が上昇して指数をけん引したほか、値動きの軽い中小型材料株などに物色が向かった。ただ、資金の逃げ足も速く、買い一巡後に伸び悩む銘柄も目立った。なお、マザーズ指数は大幅に3日続伸、売買代金は概算で1290.76億円とさほど盛り上がらなかった。騰落数は、値上がり186銘柄、値下がり43銘柄、変わらず2銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金トップのSOSEI<4565>や、サイバーダイン<7779>、ADWAYS<2489>、モルフォ<3653>、ミクシィ<2121>などが堅調。LINE<3938>の仮条件決定を受けてADWAYSなどの関連銘柄に物色が向かった。AI(人工知能)や顔認識技術で大手企業と開発・実証実験を開始したsMedio<3913>はストップ高比例配分。また、直近IPO銘柄のキャリア<6198>や農業総合研究所<3541>に加え、ファーマF<2929>、インスペック<6656>がストップ高で取引を終えた。その他、Hamee<3134>、エボラブルアジア<6191>、グローバルW<3936>、中村超硬<6166>などが大きく上昇した。一方、ブランジスタ<6176>、フリークアウト<6094>、アトラエ<6194>、AWS?HD<3937>、SHIFT<3697>などが軟調。また、前日ストップ高となっていたアキュセラ<4589>、モブキャス<3664>、VEGA<3542>が本日はそろって急反落し、マザーズ下落率上位に顔を出した。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均