市場ニュース

戻る
2016年06月29日16時14分

【特集】タカショー Research Memo(4):中国の生産拠点の増強等、販路拡大で海外事業が伸張

タカショー <日足> 「株探」多機能チャートより

■決算概要

(1)過去の業績推移

過去の業績推移を振り返ると、売上高は2015年1月期まで5期連続の増収を続けてきた。「エバーアートウッド」や屋外ライト商品など、タカショー<7590>のコンセプトに基づく商品群がハウスメーカーを中心に高く支持され、プロユース向けが大きく伸びてきたことが同社の成長をけん引してきたと言える。また、ここ数年は、中国の生産拠点の増強や、欧州、アジア、アセアニアなどへの販路拡大により海外事業が伸びてきたことも同社成長を後押ししてきた。なお、前期(2016年1月期)が減収となったのは、国内のホームユース向けや海外子会社において様々な外部要因が重なったことが要因であるが、注力する商品群は順調に伸びている。

また、損益面では、過去5年間にわたって積極的な先行投資(約40億円)を実施してきたことに伴う費用増などから、ここ数年は低調に推移しているが、今後は先行投資効果の実現により成長を加速し、利益水準も引き上げていく計画である。

財務面では、積極的な先行投資により、投資キャッシュフローが営業キャッシュフローを上回る状態が継続してきたことから、2012年1月期には有利子負債の増加により自己資本比率が低下した。ただ、2013年1月期と2014年1月期に続けて公募増資等を行ったことにより、現在の自己資本比率は40%の水準を確保している。また、資本効率を示す自己資本当期純利益率は過去において7%~8%の水準で推移してきたが、ここ数年は為替の影響を含めた利益水準の低下により低位にて推移している。

なお、過去5年間における投資金額(約40億円)の内訳は、工場設備関連投資(工場の生産拠点等)に約11.7億円、販売設備関連(英国子会社のM&Aのほか、各支店及びショールームの開設等)に約9.7億円、システム投資に約5.5億円、関連会社への貸付に約12.9億円となっている。特に、中国の生産能力の増強は、同社オリジナルの定番商品(「ベジトラグ」ブランド等)を世界各地に提供するグローバル展開を目指すうえで重要な意味があると言える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均