市場ニュース

戻る
2016年06月29日08時39分

【市況】29日の株式相場見通し=値固めから戻り試す展開、欧米株上昇や円安を好感

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 29日の東京株式市場は、値固めから徐々に戻りを試す展開が予想される。依然として英国の欧州連合(EU)離脱決定による動揺は尾を引いているものの、景気対策への期待感を背景に、下げ過ぎた内需関連銘柄を中心に買い戻しの流れが継続しそうだ。29日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=102円60銭台での推移となっている。

 28日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比269.48ドル高の1万7409.72ドルと3日ぶりに大幅反発した。英国の国民投票で、欧州連合(EU)からの離脱が決定したことに伴う嫌気売りに一服感が出た。欧州株式市場が上昇に転じたことから、米株式市場でも買い戻しや押し目買いが活発化した。さらに、原油先物価格の上昇も買い支援材料となった。ナスダック総合株価指数は、前日比97.424ポイント高の4691.867と3日ぶりに反発した。

 日程面では、医療関連受託事業、介護・保育事業を手掛けるソラスト<6197>、珈琲所コメダ珈琲店チェーンなどを運営する子会社の経営管理を担うコメダホールディングス<3543>の2社が東証1部市場に新規上場する。このほかに、5月の商業動態統計、株主総会開催集中日に注目。海外では、G20エネルギー相会合(~30日)、米5月の個人所得・支出が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均