市場ニュース

戻る
2016年06月28日11時59分

【材料】ティーガイア、有力処は電力・保険の取り扱い開始で中期的に継続収入拡大が期待できると指摘

ティーガイア <日足> 「株探」多機能チャートより
 ティーガイア<3738>が小幅反落。ウリ気配で始まったものの、売り一巡後は買いが優勢の展開。

 いちよし経済研究所では、電力・保険の取り扱い開始で中期的に継続収入の拡大が期待できると指摘。端末販売台数は減少するとみているものの、店舗の収益性改善は続くとの見方で、高配当銘柄としても注目できると解説。

 レーティング「B」とフェアバリュー1500円を継続している。
《MK》

株探ニュース

日経平均