市場ニュース

戻る
2016年06月28日11時53分

【材料】石油資源など石油関連株が連日安、欧州景気減速懸念で売り優勢

石油資源 【日足】
多機能チャートへ
石油資源 【日中足】

 石油資源開発<1662>や国際石油開発帝石<1605>、昭和シェル石油<5002>など石油関連株が連日安。石油資源や国際帝石は3日続落で年初来安値を更新した。昭和シェルは5日続落。

 27日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近8月物が前週末比1.31ドル安の1バレル46.33ドルに下落した。ブレグジット(英国のEU離脱)による影響で欧州経済の減速懸念が浮上するなか、原油需要の減少が警戒されている。また、ドルはユーロやポンドに対し上昇しており、ドルと逆相関関係にある原油価格には一段の下落懸念が出ている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均