市場ニュース

戻る
2016年06月28日08時52分

【経済】英国民投票EU離脱派の勝利で金が買われる、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

英国民投票でのEU離脱派の勝利を受けて、世界経済の先行き不透明感からリスクオフの流れとなりました。
英ポンドが急落、ユーロも売られ、主要国の株式相場も大幅に売り込まれています。

そして安全資産といわれる金相場が急騰しています。23日のNY金は一時1355ドルまで急騰。1320ドルで先週末の取引を終えています。
この金相場の先行きがどうなるのか、気になるところですよね。

松永さんによると
『英国国民投票の結果を受けてブルームバーグがトレーダー12人を対象に実施した調査の中央値によれば、NY金は年末までに1オンス当たり1424ドルに上昇するとの結果となりました。』ということです。

また
『先週23日のVIX指数(恐怖指数)は、一時26.24ポイントまで上昇し、2月16日以来の高水準となりました。恐怖指数の年初来最高値は、1月20日の32.09ポイントです。』と述べられています。

この恐怖指数について、
『先週末の恐怖指数の急上昇を見れば、投資家の不安心理がどれだけ急速に高まったのかが伺えます。』とおっしゃっていました。

NY金は2年ぶりの高値まで上昇しましたが、
『NY金と東京金のチャートを見比べれば、その値動きの違いに驚かされます。先週は、特に強烈な円高進行となったことで、NY金と東京金の値動きの違いが大きくなりました。』とのことですので留意してください。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の6月27日付の「金市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均