市場ニュース

戻る
2016年06月27日11時37分

【材料】英国国民投票後の今は押し目買いで高配当銘柄に注目、SMBC日興証券(花田浩菜)

積水ハウス <日足> 「株探」多機能チャートより

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

BREXIT国民投票の結果を受けて、先週末の日本市場は大荒れになりましたね。週明けすぐは反騰しているようですが、今後の動きが気になるところです。

そんな中SMBC日興証券では6/24付の「ストラテジー」で、株価急落は長期化せず『徐々に落ち着きを取り戻す公算が大きいと判断する』と発表。今後のEU離脱のための交渉は難航が予想され『交渉が長期に及ぶことで、“BREXIT”は事実上、「近い将来には起こらない」可能性が高いとみられる』ことや、日米欧の主要中銀の素早い対応などをその理由に挙げています。

さらにそうした状況を受けて、『株式投資の観点からは基本的には押し目買いのスタンスで臨みたい』とのレポートを6/27付「Daily Outlook」に掲載。物色対象として『円高抵抗力の強いセクターに注目する』として『高配当利回りの内需関連銘柄およびJリートが特に魅力となろう』と伝えています。

そして高配当利回り内需関連銘柄として、積水ハウス<1928>、JT<2914>、ローソン<2651>、NTTドコモ<9437>など10銘柄を取り上げています。気になる方はぜひ「Daily Outlook」を見てみてくださいね。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均