市場ニュース

戻る
2016年06月27日10時36分

【材料】ジーンテクノ、バイオシミラー開発の実績を評価、強気のレーティング

ジーンテクノ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ジーンテクノサイエンス<4584>が急反発、前週末比8%以上の上昇率となって瞬間的に3380円まで値上がりする場面があった。SBI証券が強気の投資判断を付したアナリストリポートがリリースされたことが市場関係者の間で話題となっている。

 SBI証券がジーンテクノのレーティングを新規「強気」、目標株価7000円とのリポートをリリース。バイオ・医薬セクターで有名なアナリストがカバレッジしたことが注目されている。

 同社について、日本初のバイオシミラー、「フィルグラスチム」を上市させた実績を評価、中国でトップ5本の指に入るワクチン会社とバイオシミラー事業化に関する基本合意を締結、契約一時金3億円を含む開発マイルストン契約が17年3月期中に締結されると予想。もうひとつはノーリツ鋼機<7744>のグループ入りしたことで資金調達に成功、シナジーが注目されるという。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均