市場ニュース

戻る
2016年06月27日08時33分

【市況】NY金先物週間見通し:高値もみ合いを想定、ドルからの資金シフト期待支えに


■NY金先物
安値:1,252.80ドル
高値:1,362.60ドル
終値:1,322.40ドル
前週末比(騰落率):2.13%

■週末に急伸、米利上げペースの鈍化を想定で

週末に急伸する展開となった。英国の欧州連合離脱を巡る国民投票では、週初から離脱派優位との観測が強まっていった。それに伴い、金からリスク資産へのシフトの動きが優勢となった。だが、国民投票は一転して離脱派の勝利となり、世界情勢の先行き警戒感から、米国の利上げペースは鈍化するとの見方に一転した。


■高値もみ合いを想定、ドルからの資金シフト期待支えに

想定レンジ:1,300.00~1,350.00ドル

高値もみ合いを想定。各国の政策対応の動きなどから、徐々にリスク資産に資金が回帰していく可能性もあるが、英国の欧州連合離脱を受けて、当面、米国の追加利上げの可能性は薄まったと考える。ドル高が抑制されるとの見方は、金価格の下支えとなっていこう。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均