市場ニュース

戻る
2016年06月24日15時56分

【市況】日経平均は大幅反落、英国のEU離脱ショックで一時1300円超下落/相場概況

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は大幅反落。23日の欧米市場で英国の欧州連合(EU)残留に楽観的な見方が広がった流れを受けて、日経平均は95円高からスタートしたが、寄り付き後は開票速報を睨みながらの展開となった。前引け後に離脱派が優勢と伝わると、為替市場で一時1ドル=100円割れまで円が急伸した。後場に入ると英主要メディアが離脱派勝利と次々に報じ、日経225先物は一時サーキットブレーカーが発動されるまで急落。日経平均も1374円安まで下げ幅を広げ、取引時間中としては14年10月以来の安値を付ける場面があった。

大引けの日経平均は前日比1286.33円安の14952.02円となった。東証1部の売買高は36億2328万株、売買代金は3兆3383億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、保険業が10%安、証券が9%安、鉱業、その他金融業、輸送用機器などが8%超安となった。

個別では、トヨタ自<7203>が8%超下落したほか、ソフトバンクグ<9984>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>、ソニー<6758>など売買代金上位は軒並み大幅安。ファーストリテ<9983>、マツダ<7261>、日立<6501>、村田製<6981>などの下落率は10%を超えた。また、英国のEU離脱による影響が大きいとの懸念が広がった板硝子<5202>や日立キャピ<8586>、東証2部への指定変更が発表されたシャープ<6753>などが東証1部下落率上位となった。一方、東証1部の値上がり銘柄は西松屋チェ<7545>、東京鉄<5445>などわずか6銘柄にとどまった。U?NEXT<9418>とフォーバル<8275>は1%超の上昇となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均