市場ニュース

戻る
2016年06月24日10時46分

【市況】英国の国民投票経過を受け1ドル=103円台へ円急騰、年内1ドル=100円シナリオ

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより
 英国EU残留期待が高まり欧米株が上昇、24日の日本株も上昇して始まった。ただ、外国為替市場、株式市場もマーケットボラティリティが高くなっており変動幅が大きい。ドル円レートは、1ドル=103円台まで円急騰、106円台まで急落する場面があった。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券によると、イギリス国民投票の開票経過で「24日朝方、離脱派がやや優勢」と伝わり1ドル=103.07円まで円急騰。1年10カ月ぶりの円高水準になったことを説明。

 同証券によると円安トレンドに転換するには、1ドル=111.45円を超える円安になる必要があるとして、現在のトレンドは円高が続いていると指摘。理想ターゲットは1ドル=100.82円だが、年内1ドル=100~95円を試す可能性があるとしている。
《MK》

株探ニュース

日経平均