市場ニュース

戻る
2016年06月24日09時07分

【材料】シャープが急反落、東証1部から2部へ指定替えを嫌気

シャープ <日足> 「株探」多機能チャートより
 シャープ<6753>が急反落。東京証券取引所が23日の取引終了後、同社株を8月1日付で東証1部から東証2部市場に指定替えすると発表しており、これを嫌気した売りが出ている。同社が同日付で提出した有価証券報告書で、債務超過の状態であることが確認されたためとしている。

 また、あわせて上場廃止にかかる猶予期間銘柄(債務超過)に指定したことも弱材料視されている。猶予期間は16年4月1日から17年3月31日まで。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均