市場ニュース

戻る
2016年06月24日08時19分

【材料】ワイヤレスゲート---無料Wi-Fiスポットにおける位置情報連動型広告配信の開始

ワイヤレスG <日足> 「株探」多機能チャートより

ワイヤレスゲート<9419>は22日、道の駅の総合プラットフォーム事業を展開するXS社と共同で日本全国の道の駅に対してインバウンド向けWi-Fiインフラの設置と運用を支援してきたが、その設置台数が50施設を突破した。

新たな取り組みとして広告配信プラットフォーム(DSP※)事業を展開するマーベリック社が加わり、道の駅に設置された無料Wi-Fi「FON」を利用した位置情報連動型広告サービスを3社共同で提供する。

今回の位置情報連動型広告サービスでは、無料Wi-Fiのアクセスポイントを「Michiguru Fon」と表示し、Wi-Fi利用者に対してXS社の運営する道の駅情報サイト「みちグル」を通じた情報配信サービスを提供。マーベリック社の提供するWi-Fiの位置情報を取り込んだ広告配信システムを有効活用することで、地域密着型の情報配信を可能とし、より最適なサービス提供を目指す。

同社は、引き続きXS社、マーベリック社と3社が有するノウハウや仕組みを活用し、日本全国の道の駅へ年内100箇所への設置を目指す考え。

※DSP (Demand Side Platform) :複数の広告枠の配信最適化および、効果検証などの一元管理を目的に開発された広告主向けシステム

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均