市場ニュース

戻る
2016年06月23日15時40分

【市況】国内大手証券、外国人が選好しそうな27銘柄リスト

安藤ハザマ <日足> 「株探」多機能チャートより
 国内大手証券では、15年度に外国人が選好した銘柄が持つ3つの特徴として、「時価総額が大きい」、「今期予想ROEが高い」、「前年度末時点の外国人保有比率が高い」、の3点を挙げ、これらは12年度以降のいずれの年度においても外国人が選好した銘柄が持つ特徴と指摘。この傾向は16年度も大きく変わらないと想定して、外国人が選好する特徴を持ち合わせる銘柄をスクリーニング。

 安藤ハザマ<1719>、鹿島<1812>、熊谷組<1861>、大東建託<1878>、カルビー<2229>、ディップ<2379>、MonotaRO<3064>、オープンハウス<3288>、科研製薬<4521>、ペプチドリーム<4587>、パーク24<4666>、サイバーエージェント<4751>、デジタルガレージ<4819>、テクノプロ・ホールディングス<6028>、アルバック<6728>、富士通ゼネラル<6755>、アルプス電気<6770>、全国保証<7164>、小糸製作所<7276>、シマノ<7309>、良品計画<7453>、オリンパス<7733>、パイロットコーポレーション<7846>、日本取引所グループ<8697>、リロ・ホールディング<8876>、GMOインターネット<9449>、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>をピックアップしている。
《MK》

株探ニュース



日経平均