市場ニュース

戻る
2016年06月23日12時50分

【市況】日経平均は58円高で後場スタート、ファーストリテなど指数インパクト大の値がさの一角に振らされている/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16124.35 (+58.63)
TOPIX  : 1288.31 (+3.70)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干上げ幅を縮めて始まっている。ランチタイムの225先物は薄商いのなか、16080-16110円辺りでのもち合いが継続。昼のバスケットは買い越しとの観測。円相場は1ドル104円60銭辺りと、朝方からはやや円高に振れて推移している。英国のEU離脱を巡る国民投票の行方を見極めたいとする模様眺めムードが高まっているなか、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、ソフトバンクグ<9984>、ダイキン<6367>といった指数インパクトの大きい値がさの一角に振らされている。ファナックなどは日中高値を更新してきており、日経平均も後場寄り付き後はやや上げ幅を広げる。

 セクターでは、鉄鋼、海運、銀行、倉庫運輸、輸送用機器が上昇。一方で、医薬品、石油石炭、サービス、食料品が小安く推移している。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均