市場ニュース

戻る
2016年06月23日12時23分

【市況】英国のEU残留に賭けた先回りの動きが強まるか/後場の投資戦略

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16143.24 (+77.52)
TOPIX  : 1289.66 (+5.05)

[後場の投資戦略]

 ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、ソフトバンクグ<9984>、ダイキン<6367>が堅調に推移しており、日経平均をけん引している状況である。英国の国民投票を控えて様子見ムードが強いなか、指数インパクトの大きい値がさの一角が底堅さにつながっており、これら銘柄を睨みながらの展開になりそうだ。

 朝方から底堅い展開となっており、大引けまでエネルギーが持つかが不安ではある。しかし、このまま16100円処での推移が続くようだと、英国のEU残留に賭けた先回りの動きから、一段高が意識されてきそうである。EU離脱となれば金融市場は改めて混乱が予想されるが、内需系や中小型株など影響が限られるとみられる企業などにはリスクを取りに行きやすいだろう。(村瀬 智一)
《NH》

 提供:フィスコ

日経平均