市場ニュース

戻る
2016年06月23日11時18分

【材料】東洋鋼鈑、国内大手証券は17年3月期営業利益予想を61億円から20億円に引き下げ

洋鋼鈑 <日足> 「株探」多機能チャートより
 東洋鋼鈑<5453>が続落。株価は5日移動平均線を下回っており、現在は今日の安値圏で推移している。

 国内大手証券では、機能材料関連は液晶などに使用すると見られる光学用機能フィルムとデータセンタ向けHDD用アルミ基板の双方の販売が芳しくないと指摘。外部環境としても、アルミ基板などを輸出しているため、円高には留意が必要とみて、17年3月期営業利益予想を61億円から20億円(会社計画は25億円)に引き下げ。

 レーティング「ニュートラル」を継続、目標株価を360円から300円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均