市場ニュース

戻る
2016年06月23日09時30分

【市況】日経平均は32円高でスタート、EU残留が優勢との世論調査もありリスクを取りに行く動きも/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16098.61 (+32.89)
TOPIX  : 1285.72 (+1.11)

[寄り付き概況]

 日経平均は反発して始まった。英国のEU離脱を巡る国民投票の行方を見極めたいとする模様眺めムードが高まっているが、一方でEU残留が優勢との世論調査が伝わっていることもわかり、リスクを取りに行く動きもあるようだ。寄り付き後、一時下げに転じる場面もみられたが、再びプラス圏を回復すると、じりじりと上げ幅を広げている。

 セクターでは、鉄鋼、輸送用機器、保険、石油石炭、パルプ紙、卸売、銀行、陸運、化学、ガラス土石がしっかり。一方でゴム製品、金属、食料品、証券、サービスが小安い。売買代金上位では、トヨタ<7203>、ソフトバンクグ<9984>、ファーストリテ<9983>、Vテク<7717>、ソニー<6758>が堅調。半面、そーせい<4565>、ブランジスタ<6176>、KDDI<9433>、JT<2914>が小安い。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均