市場ニュース

戻る
2016年06月23日09時08分

【材料】タカラバイオが反発、ヒトiPS細胞から作製した研究用心筋細胞製品を国内販売へ

タカラバイオ <日足> 「株探」多機能チャートより
 タカラバイオ<4974>が反発。同社は遺伝子研究用試薬などを手掛けるが、ゲノム編集や再生医療分野へも積極的に取り組んでおり、京都大学iPS細胞研究所との連携も厚い。22日、ヒトiPS細胞から作製した研究用心筋細胞製品の販売を国内で開始すると発表、これを材料視する買いを誘っている。相場全般は英国EU離脱を巡る国民投票を前に、主力株は手掛けにくく、海外情勢や為替の影響を受けにくい内需のバイオ関連には相対的に買いが集まりやすい強みもある。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均