市場ニュース

戻る
2016年06月23日06時25分

【市況】金:4日続落で1270.00ドル、英国民投票直前でポジション調整の売買が中心


NY金は4日続落(COMEX金8月限終値:1270.00↓2.50)。21時52分には1266.30ドルまで下落する場面が見られたが、終始1270.00ドルを挟んだもみ合いとなった。英国民投票直前ということから市場は手控えムードが強まり、為替市場ではドルが動意薄の展開に。金市場では、先週辺りから積み上がっていたリスク回避の金買いポジションを調整する動きに留まった。


チャート上では、引続き50日移動平均線がサポートラインとして意識されている。ただ、国民投票の結果発表後、ドル買い優勢の展開となれば、一気に100日移動平均線が位置する1240.00ドルレベルまで下げる可能性もある。

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均