市場ニュース

戻る
2016年06月22日11時59分

【材料】三菱UFJ、国内大手証券は強固な資本基盤と積極的な株主還元は同業他社比でも優位と評価

三菱UFJ <日足> 「株探」多機能チャートより
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>が反落。今日の安値圏で前場の取引を終えている。

 国内大手証券では、三菱東京UFJ銀行単体を取り巻く事業環境は厳しいものの、多角化された内外事業ポートフォリオが中期的な利益成長を支えると指摘。強固な資本基盤と積極的な株主還元は同業他社比でも優位と評価し、株価バリュエーションの割安感は強いと解説。

 レーティング「バイ」を継続、目標株価は1100円から1000円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均