市場ニュース

戻る
2016年06月22日08時53分

【テク】伊藤忠---長い下ひげ形成でいったんはリバウンド意識も

伊藤忠 <日足> 「株探」多機能チャートより

<8001> 伊藤忠 - -
下降する25日線に上値を抑えられる格好での調整が続いている。週間形状では13週、26週線が抵抗となっているほか、両線のデッドクロスも発生している。ただし、1300円から下は商いの薄いところであり、前日の長い下ひげ形成でいったんはリバウンドが意識されてこよう。ボリンジャーバンドでは-2σと-1σのレンジであり、-1σ突破から中心値(25日)が意識されてこよう。
《TM》

 提供:フィスコ

日経平均