市場ニュース

戻る
2016年06月21日18時24分

【為替】欧州為替:ポンド買い優勢、上昇ペースに警戒感も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 ポンド・ドルは前日に引き続き買い優勢の展開となっている。英国の欧州連合(EU)残留の支持派だった労働党下院議員の殺害事件が16日に発生後、離脱観測の後退でポンド買いの流れが続いており、同日から足元までポンド・ドルは5%程度上昇。短期間での急激な上昇に一部で警戒感も出ている。ポンド・ドルは1.4712ドルから1.4768ドルで推移。


 ここまで、ドル・円は104円32銭-104円49銭、ユーロ・ドルは1.1329ドル-1.1346ドル、ユーロ・円は118円26銭-118円52銭で推移した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均