市場ニュース

戻る
2016年06月21日14時09分

【市況】「英EU離脱なら1万4500円も」 みずほ証券・テクニカル分析

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 みずほ証券は20日、テクニカル分析リポートで、英国が欧州連合(EU)を離脱した場合、日経平均は1万4500円まで下落する可能性を指摘した。同証券では、今週は23日に英国のEU離脱を巡る国民投票が予定されており、「乱高下しやすい不安定な状態が続く」と指摘。1万6000円以上は上値が重くなるとみている。また、NYダウが1万7500ドルあるいはドル円が年初来安値(103円55銭)を下回ると、日経平均株価は1万5000円が下値のメドになると予想している。

 仮に英国のEU離脱が決まると14年10月安値と同水準の1万4500円まで下落するが、その後はリバウンドに転じると予想。戻り高値は6月SQ値(1万6639円11銭)あるいは1万7000円が上値抵抗線になりやすい、としている。さらに、8月以降は再び大きな調整局面となり10月頃に1万4000円を下値メドとして安値を形成するとみている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均