市場ニュース

戻る
2016年06月21日12時21分

【市況】本日も2兆円を下回る可能性が高く先物に振らされやすいか/後場の投資戦略

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16046.62 (+81.32)
TOPIX  : 1284.24 (+5.05)

[後場の投資戦略]

 前日の大幅上昇に対する利益確定を予想していたが、売り先行後の底堅さが目立つ。5日線が支持線として意識されている。指数インパクトの大きいところでは、アステラス薬<4503>、KDDI<9433>、第一三共<4568>、花王<4452>、塩野義薬<4507>、東エレク<8035>がけん引しており、本日はややディフェンシブ系主導のようだ。ただ、売買代金は8069億円にとどまっており、本日も2兆円を下回る可能性が高い。インデックスに絡んだ売買に振らされやすいため、日経平均の16000円処では強弱感が対立しそうだ。

 また、英国問題で陰に隠れているが、明日22日に参院選が告示される。安倍政権の経済政策・アベノミクスの是非などが争点となるなか、政策期待なども次第に下支え要因として意識されてくる可能性があろう。(村瀬智一)
《NH》

 提供:フィスコ

日経平均