市場ニュース

戻る
2016年06月21日10時55分

【材料】ミツバ、国内調査機関は円高が定着した場合、通期会社計画は下方修正の可能性があると指摘

ミツバ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ミツバ<7280>が年初来安値を更新。売り一巡後は下げ幅を縮小する動きとなっている。

 TIWでは、数量見通しは堅調としながらも、足もとの円高が定着した場合、17年3月期会社計画は下方修正の可能性があると指摘。円先高観が依然強いため、円高がさらに加速した場合は株価指標面の割安感も薄れるとみて、レーティングを「2+」から「2」に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均