市場ニュース

戻る
2016年06月21日10時13分

【材料】東洋合成がS高、有機EL関連の物色人気が波及

東洋合成 <日足> 「株探」多機能チャートより
 東洋合成工業<4970>がストップ高まで買われている。18日付の日本経済新聞が「韓国サムスン電子は2016年に8兆ウオン(約7200億円)程度を投じて有機ELパネルの生産設備を拡充する」と報じたことをきっかけに、足もとで関連銘柄を物色する動きが活発化しており、この流れが同社株にも波及しているもよう。同社が手掛ける半導体向け感光性材料はスマホや車載LCD向けなどに需要が拡大しているが、今後は有機ELパネルの需要拡大が見込まれているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均