市場ニュース

戻る
2016年06月20日12時22分

【材料】横河電、欧州大手証券は弱めな業績ガイダンスなど各種リスクは織り込まれた印象と指摘

横河電 <日足> 「株探」多機能チャートより
 横河電機<6841>が続伸。カイ気配で始まり、堅調な値動きとなっている。

 クレディ・スイス証券では、考えられてきた弱めな業績ガイダンスなどの各種リスクは株価に織り込まれた印象と指摘。業績の先行指標であるオイルメジャーにおけるダウンストリーム営業利益は比較的堅調を維持しているとして、マクロ環境の不確実性が増すなか、営業利益の約65%をMROで稼ぎ出すディフェンシブな収益構造を高く評価。

 レーティングを「アンダーパフォーム」から「アウトパフォーム」に、目標株価を1000円から1400円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均