市場ニュース

戻る
2016年06月20日12時00分

【材料】国際計測、国内調査機関は株価には割安感が強いと指摘

国際計測 <日足> 「株探」多機能チャートより
 国際計測器<7722>が反発。前週末に記録した年初来安値に並ぶ900円で寄り付いたものの、その後は買いが優勢の流れ。やや上げ幅を縮小して前場の取引を終えている。

 TIWでは、今期は2期連続の2ケタ減益見通しとなっている事を受け、今後の緩やかな業績回復を織り込んでも株価には割安感が強いと指摘。中長期的には電気サーボモータ式や動電型の振動試験機が拡大することで、バランシングマシンの収益を補完、収益の持続的な成長を導くと解説。

 レーティング「2+」を継続している。
《MK》

株探ニュース

日経平均