市場ニュース

戻る
2016年06月20日06時27分

【市況】17日のNY市場は下落

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : ()
NASDAQ  : ()
CME225  : ((大証比))
[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;17675.16;-57.94Nasdaq;4800.34;-44.58CME225;15550;+20(大証比)

[NY市場データ]

17日のNY市場は下落。ダウ平均は57.94ドル安の17675.16、ナスダックは44.58ポイント安の4800.34で取引を終了した。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る国民投票を来週に控え、持ち高調整の売りが先行。世界的な先行き不透明感も株価の重しとなり、終日軟調推移となった。セントルイス連銀のブラード総裁は18年末まで利上げは1回にとどめるのが適切との考えを示したが、株価への影響は限定的だった。セクター別では、エネルギーや自動車・自動車部品が上昇する一方で医薬品・バイオテクノロジーやテクノロジー・ハード・機器が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円高の15550円。ADRの日本株はNTT<9432>、ファーストリテ<9983>、花王<4452>が上昇。半面、トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、ブリヂストン<5108>、任天堂<7974>が小安いなど、対東証比較(1ドル104.16円換算)で高安まちまち。
《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均