市場ニュース

戻る
2016年06月17日14時39分

【市況】米系大手証券、英国がEU離脱を決定しない限りドル円が100円割れを試す可能性は低い

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより
 JPモルガン証券の為替リポートでは、短期的に円相場のトレンドは、英国国民投票に対する思惑等を受けた投資家のリスクセンチメントの動向に主導される展開が続くと指摘。リスクオフの流れが強まれば円が強含むものの、その際にはドルも強含む可能性が高いため、ドル円の下落はそれほど大きなものにはならないと解説。

 来週の国民投票で英国がEU離脱を決定することがない限り、目先ドル円が100円割れを試す可能性は低いとみて、クロス円については、リスクオフの流れが強まれば一段と下落するリスクが残ると解説している。
《MK》

株探ニュース



日経平均