市場ニュース

戻る
2016年06月17日11時35分

【材料】日曹達、外資系証券は16年後半から再び注目したいとの見解

日曹達 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日本曹達<4041>が年初来安値を更新。売り一巡後は買いが優勢となり、前日終値近辺での推移となっている。

 クレディ・スイス証券では、同社の業績拡大&株価カタリストとなっているメチオニン市況が15年9月から低下傾向にあり、当面は市況回復が見込みにくいと指摘。メチオニン需給は17年から緩やかに回復するとの見方で、新規農薬は17年から収益寄与が見込まれるため、「16年後半から再び注目したい」と解説。

 レーティング「ニュートラル」を継続、目標株価を590円から460円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均