市場ニュース

戻る
2016年06月17日09時04分

【市況】個別銘柄戦略:輸出関連を中心としたリバウンドの動きに


米国株式市場の反発を受けて、前日にかけて調整色が強まってきていた反動が見込まれる。全般的に買戻しの動きが優勢となって行きそうだ。とりわけ、円高ドル安の一服も見込まれることで、輸出関連株などに買戻しの動きが強まろう。英国関連として売られてきた銘柄群などにも見直しの動きが向かう余地。ほか、前日に下げの目立った新興市場銘柄などにも反発余地が広がっていく見通し。為替市場で円安反転の動きが限定的にとどまれば、円高メリット銘柄などにも関心が向かう余地。原油市況の下落を映して資源関連の一角には嫌気する動きもあろう。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均