市場ニュース

戻る
2016年06月16日22時13分

【市況】【市場反応】米5月CPI/先週分新規失業保険申請件数など、ドル軟調

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

 外為市場では、失業保険申請件数の増加や予想を下回ったインフレ指標を受けて、ドルが軟調に推移した。ドル・円は104円48銭から104円24銭へ下落。ユーロ・ドルは1.1180ドル前後でもみ合った。


 米労働省が発表した先週分新規失業保険申請件数は前週比1.3万件の27.7万件と、市場予想27.0万件を上回り1か月ぶりの高水準となった。失業保険継続受給者数は215.7万人と、市場予想214.0万人を上回り、前回211.2万人から増加。


 米5月消費者物価指数(CPI)は前月比+0.2%と、市場予想+0.3%を下回り、4月+0.4%から低下。前年比でも+1.0%と予想外に4月+1.1%から低下した。燃料や食料を除いたCPIコア指数は前月比+0.2%と、予想通り4月と同水準を維持。前年比では+2.2%と、予想通り4月+2.1%から上昇した。


 同時刻に発表された6月フィラデルフィア連銀製造業景況指数は4.7と、市場予想1.0を上回り3か月ぶりのプラスに転じた。


 また、米商務省が発表した1-3月期経常収支は1247億ドルの赤字と、赤字幅は10-12月期1134億ドルからは拡大したが、予想1250億ドルを小幅に下回った。

【経済指標】
・米・先週分新規失業保険申請件数:27.7万件(予想:27.0万件、前回:26.4万件)
・米・失業保険継続受給者数:215.7万人(予想:214.0万人、前回:211.2万人←209.5万人)
・米・6月フィラデルフィア連銀製造業景況指数:4.7(予想:1.0、5月:-1.8)
・米・1-3月期経常収支:-1247億ドル(予想:-1250億ドル、10-12月期:-1134億ドル←-1253億ドル)
・米・5月消費者物価指数:前年比+1.0%(予想:+1.1%、4月:+1.1%)
・米・5月消費者物価コア指数:前年比+2.2%(予想:+2.2%、4月:+2.1%)
・米・5月消費者物価指数:前月比+0.2%(予想:+0.3%、4月:+0.4%)
・米・5月消費者物価コア指数:前月比+0.2%(予想:+0.2%、4月:+0.2%)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均