市場ニュース

戻る
2016年06月16日16時23分

【市況】日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅反落、構成銘柄のうち日製鋼とりそなHDのみ上昇

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

16日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり2銘柄、値下がり223銘柄、変わらずなしとなった。

日経平均は大幅反落。注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の据え置きが決定され、早期利上げ観測の後退から為替市場で円高・ドル安が進んだ。本日の日経平均は48円安からスタートしたが、前場は日本銀行・金融政策決定会合の結果発表を控えて積極的な売買が手控えられるなか、円高進行が重しとなり下げ幅を広げた。前引け後に日銀が金融政策の現状維持を決定したことが伝わると、為替相場は1ドル=104円割れ寸前まで円高に振れ、後場の日経平均は一時15395.98円(前日比523.60円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前日比485.44円安の15434.14円となった。東証1部の売買高は22億0924万株、売買代金は2兆1355億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、不動産業が4%超下落したほか、非鉄金属、ガラス・土石製品、ゴム製品、機械が下落率上位だった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位は日東電<6988>となり、2銘柄で日経平均を約58円押し下げた。ファーストリテは前場堅調に推移して指数を支えたが、後場マイナスに転じ3.5%安で本日の取引を終えた。日東電は7.2%安で日経平均構成銘柄の下落率トップとなった。一部証券会社が投資評価を引き下げている。偏光フィルム市場の悪化は長期的かつ構造的な問題と指摘しているようだ。

一方、値上がりしたのは日製鋼<5631>とりそなHD<8308>の2銘柄にとどまった。日製鋼は足元の下落で25日線水準まで調整が進み、押し目買いの動きが優勢となった。りそなHDは後場に一時372.0円まで下落したが、大引けにかけてプラスへと切り返した。

*15:00現在


日経平均株価  15434.14(-485.44)

値上がり銘柄数  2(寄与度+0.08)
値下がり銘柄数 223(寄与度-485.52)
変わらず銘柄数  0

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<5631> 日製鋼 462 2 +0.08
<8308> りそなHD 378.8 1 +0.00

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 27260 -995 -39.03
<6988> 日東電 6368 -495 -19.42
<6971> 京セラ 4942 -188 -14.75
<9433> KDDI 2905.5 -56.5 -13.30
<4523> エーザイ 5707 -314 -12.32
<6762> TDK 5870 -300 -11.77
<6954> ファナック 15775 -295 -11.57
<6367> ダイキン 8256 -292 -11.45
<4543> テルモ 4300 -145 -11.37
<9984> ソフトバンクG 5591 -81 -9.53
<4503> アステラス薬 1490.5 -44 -8.63
<4507> 塩野義 5565 -201 -7.88
<8035> 東エレク 7591 -194 -7.61
<7270> 富士重 3579 -192 -7.53
<9735> セコム 7645 -189 -7.41
<7203> トヨタ 5281 -182 -7.14
<4502> 武田 4270 -156 -6.12
<7267> ホンダ 2697.5 -75 -5.88
<8830> 住友不 2600.5 -147.5 -5.79
<6770> アルプス 2126 -144 -5.65

《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均