市場ニュース

戻る
2016年06月16日13時59分

【材料】国内大手証券は生保セクターの「中立」を継続、下振れリスクは限定的との見解

第一生命 <日足> 「株探」多機能チャートより
 大和証券の生保セクターのリポートでは、長期金利の見通しが不透明な中で本格的な株価上昇は想定し難いと指摘。それでも、絶対株価の下落を受けて総還元利回りの魅力が高まったことや、会社側から総還元性向や配当の絶対水準の下限に関するコミットメントも得られていることから、下振れリスクは限定的と解説。

 セクター投資判断「中立」と第一生命保険<8750>、T&Dホールディングス<8795>のレーティング「2」を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均