市場ニュース

戻る
2016年06月16日13時31分

【材料】三菱UFJなどメガバンクが底堅い、日銀“現状維持”でも失望感なし

三菱UFJ <日足> 「株探」多機能チャートより
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>などメガバンクは小幅安にとどまっており、全体相場が下げ加速となるなかで底堅さが目立つ。

 きょう後場取引開始前に日銀の金融政策決定会合で現状維持が決定、急激な円高を絡めて輸出主力株中心に下げ幅を拡大している。一方、「内需の要である銀行セクターは円高デメリットを受けないほか、日銀が緩和策では質的・量的緩和とセットでマイナス金利幅拡大政策をとることも予想されていただけに、メガバンクにとってはプラス材料の要素もあった」(市場関係者)と指摘されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均