市場ニュース

戻る
2016年06月16日09時45分

【材料】ゆうちょ銀行が反落、ドイツ証券は目標株価引き下げ

ゆうちょ銀 <日足> 「株探」多機能チャートより
 ゆうちょ銀行<7182>が反落。ドイツ証券は15日、同社株の目標株価を従来の1500円から1370円に引き下げた。投資判断は「ホールド」を継続している。マイナス金利導入後の同行のビジネスモデルに関する市場センチメントの変化で、ベースとする適用PBRを0.5倍から0.45倍に変更したことから目標株価を引き下げている。

 なお、同行には日銀によるマイナス金利が業績悪化要因となるとの懸念が出ている。この点に関して同証券では、国債中心のベースポートフォリオの収益減は続くものの、外債などサテライトポートフォリオへの移行を進めているほか、膨大な含み益の一部を実現することで「3000億円を超える当期利益と50円配当は維持される」と予想している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均