市場ニュース

戻る
2016年06月15日22時02分

【市況】【市場反応】米5月PPI/6月NY連銀製造業景気指数

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

 外為市場では米国の生産者物価指数(PPI)や製造業の改善にもかかわらず連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた調整が目立った。ドル・円は106円23銭から106円09銭へ下落。ユーロ・ドルは1.1224ドルから1.1238ドルへ上昇した。


 米労働省が発表した5月生産者物価指数(PPI)は前月比+0.4%と、市場予想+0.3%を上回り1月来で最高となった。一方、前年比では-0.1%と、予想通り4月0.0%から再びマイナスに落ち込んだ。食料や燃料を除いたコアPPIは前月比+0.3%と予想外に4月+0.1%から上昇し1月来で最高。前年比では+1.2%と、市場予想+1.0%を上回り2月来で最高となった。


 また同時刻に発表された6月NY連銀製造業景気指数は6.01と、5月の-9.02から予想外のプラスに改善した。

【経済指標】
・米・5月生産者物価指数:前月比+0.4%(予想:+0.3%、4月:+0.2%)
・米・5月生産者物価コア指数:前月比+0.3%(予想:+0.1%、4月:+0.1%)
・米・5月生産者物価指数:前年比-0.1%(予想:-0.1%、4月:0.0%)
・米・5月生産者物価コア指数:前年比+1.2%(予想:+1.0%、4月:+0.9%)
・米・6月NY連銀製造業景気指数:6.01(予想:-4.90、5月:-9.02)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均