市場ニュース

戻る
2016年06月15日12時56分

【市況】日経平均は125円高で後場スタート、16000円には届かず、売買代金上位ではトヨタ、東芝が堅調/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 売買代金 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 15984.82 (+125.82)
TOPIX  : 1283.72 (+11.79)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干上げ幅を広げて始まっている。ランチタイムの225先物は15900円処から15970円まで上げ幅を拡大させたが16000円には届かず、現物の後場寄り付き後は再び15910円と上げ幅を縮めている。昼のバスケットは売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル106円20銭辺りと円安に振れて推移している。

 セクターでは保険、海運、輸送用機器、ゴム製品、電気機器、銀行、その他金融が堅調。半面、電力ガス、建設、卸売が小安い。売買代金上位では、そーせい<4565>、トヨタ<7203>、三井住友<8316>、東芝<6502>、ソフトバンクグ<9984>、ソニー<6758>、キーエンス<6861>、ペプチドリーム<4587>が堅調。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均