市場ニュース

戻る
2016年06月15日11時25分

【材料】東芝が急伸、国内大手証券の新目標株価は360円

東芝 <日足> 「株探」多機能チャートより
 東芝<6502>が急伸。現在は今日の高値圏で推移している。国内外の証券会社から目標株価の引き上げやレーティングの格上げが観測されており、買い手掛かり材料視されているようだ。

 SMBC日興証券が投資評価「2」(中立)を継続し、目標株価を200円から360円へ引き上げるとのリポートをリリースした。投資評価「2」の理由として、新しい目標株価は13日終値276.5円に対し30%超の上値余地があり、東芝メディカルや白物家電譲渡、原子力事業の連結子会社ウェスチングハウスの減損実施など構造改革が一巡し、NANDを中心に収益改善が期待されるものの、自己資本比率は10%を下回り財務面では依然として脆弱なことなどを考慮したため、としている。

 このほか、欧州有力証券がレーティングを「アンダーパフォーム」から「バイ」へ2段階格上げし、目標株価は250円から330円へ引き上げていることも確認されている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均