市場ニュース

戻る
2016年06月15日11時08分

【市況】11時時点の日経平均は5日ぶり反発、東芝やツルハHDが6%超の上昇

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

11時00分現在の日経平均株価は15910.35円(前日比51.35円高)で推移している。14日の欧米市場が英国の欧州連合(EU)離脱問題への懸念などから引き続き軟調に推移した流れを受けて、日経平均は59円安からスタートした。朝方には一時15752.01円(前日比106.99円安)まで下落する場面もあったが、日経平均は前日までの4営業日で計971円安と大きく下げていただけに、重要イベントを前にメガバンク株を中心に買い戻しが入り、プラスへと切り返している。なお、マザーズ指数は2%を超える上昇で推移している。

個別では、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>、ソフトバンクグ<9984>などがしっかり。東芝<6502>は6%超の上昇。一部証券会社の投資評価引き上げが観測されている。前日決算発表したツルハHD<3391>も商いを伴って6%を超える上昇に。前日きつい下げとなったバイオ株ではPD<4587>が急反発している。また、宮越HD<6620>、サクセスHD<6065>、ファストロジク<6037>などが東証1部上昇率上位となっている。一方、ファーストリテ<9983>、KDDI<9433>、NTTドコモ<9437>、ダイキン<6367>などが軟調。また、ヤマダSXL<1919>、関西電力<9503>、TASAKI<7968>などが東証1部下落率上位となっている。

《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均