市場ニュース

戻る
2016年06月15日10時43分

【材料】豊田織、欧州大手証券は株価バリュエーションに割安感が残ると指摘

豊田織 <日足> 「株探」多機能チャートより
 豊田自動織機<6201>が小幅反発。売り一巡後は買いが優勢となり、現在は今日の高値圏で推移している。

 クレディ・スイス証券では、台数/収益の成長モメンタムには一服感があるものの、金融資産を踏まえた株価バリュエーションには依然割安感が残ると指摘。17年3月期はGDエンジンの本格展開、インド生産立ち上げによるエンジン事業の回復に期待したいとして、レーティング「アウトパフォーム」を継続。目標株価は6300円から5500円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均